仙台市・名取市でお任せできる優良外壁塗装業者の見抜き方ガイド  » 寒冷地に合った塗料の選び方とは?
 

寒冷地に合った塗料の選び方とは?

こちらのページでは、仙台の住宅におすすめの塗料についてご紹介しています。

東北地方では寒冷地専用の塗料を使おう

仙台は御存知の通り、緯度が高く、冬は気温が低い寒冷地と言えます。そのため「凍害」が発生する可能性があるため、寒冷地に合った特殊な塗料を選んだほうが無難です。

凍害とは外壁が凍結することで、外壁の塗装がひび割れなどの破損を起こしたり、剥がれ落ちてしまう減少。特に窯業系サイディングではこの凍害が起こりやすいと言われています。

凍害に遭った外壁をそのままにしておくと、腐食や水漏れなどの原因となってしまうのです。

寒冷地に適した塗料とは

それでは具体的にどのような塗料が寒冷地に適しているのでしょうか?3種類見てみましょう。

ダテフロン

仙台で生まれた次世代型の外壁用塗料です。名前は仙台の名士伊達政宗がモチーフになっているようです。

4化フッ素樹脂を使った寒冷地向けの塗料です。紫外線や雨、風などの過酷な気象条件にも耐え、優れた付着性をもっています。

また、速乾性にも優れているため、寒い冬の作業でもしっかりと壁になじませることが可能です。耐久年数は8年ほど。強い紫外線を浴びても、ツヤが維持できます。

ガイナ

大手塗料メーカー、株式会社日新産業が出している外壁用の塗料で、平成29年には「省エネ大賞」を受賞した実績もあります。

断熱性が高く、夏の強烈な直射日光による暑さはもちろん、特に真価を発揮するのは冬。外部からの冷気を遮り、室内の暖気を逃さないので、快適な環境を保つことができます。

耐久性も非常に高く、船の甲板の塗装に使われているくらい。耐用年数は15年ほどと言われています。

ピュアコート ANプラス

超耐光性光触媒フッ素コーティング剤を使用している外壁塗装用の塗料です。光触媒の力によって、自己洗浄・自己殺菌効果があり汚れにくくカビの発生を抑える効果が期待できます。

紫外線もカットする働きがあるので、色あせせず、美しさも長持ち。耐用年数は20年ほどと言われています。

全国共通の塗料は考えもの

中には全国共通の塗料を使っている外壁塗装業者も存在しますが、凍害のことを考えるとあまりおすすめできません。やはり、厳しい冬に備えた塗料を使うべき。そうした塗料を提案してくれる外壁塗装業者を選びましょう。

仙台・名取の優良外壁塗装会社4選をみる

仙台の頼りになる外壁塗装業者

外壁塗装の悪徳業者はこう見抜け

寒冷地に合った塗料の選び方とは?

外壁補修の豆知識

サイトマップ

Copyright (C)仙台市・名取市でお任せできる優良外壁塗装業者の見抜き方ガイド All Rights Reserved.