仙台市・名取市でお任せできる優良外壁塗装業者の見抜き方ガイド  » 外壁補修の豆知識 » 寒冷地ならではの被害「凍害」とは?

寒冷地ならではの被害「凍害」とは?

こちらのページでは仙台でよく起こる、外壁の凍害について解説します。

凍害って何?

凍害とは読んで字のごとく、寒さで外壁が凍結することで損傷する現象のことです。具体的には外壁の塗装剥がれ、ひび割れ、腐食、錆などが挙げられます。

特に冬の平均気温が0℃を下回る地域で起こる現象で、日本では東北地方や北海道などで凍害に悩まされている方が多いです。

メカニズムとしては、コンクリート内の水分が凍結・溶解を繰り返すことでセメントペーストが剥がれてしまい、外壁が剥がれたりひび割れたりします。

また、よく使われる窯業系サイディングでは凍害に要注意。特に経年劣化すると湿気や水分を吸収しやすくなり、それが内部で凍結することで塗装の剥がれやひび割れを引き起こします。

理科の授業で習ったかと思いますが、水は液体と固体では体積が違います。膨張と縮小を繰り返すことで、外壁にダメージを与えるのです。

凍害はやがて家に大ダメージを与える

凍害を放置しておくと、塗装が剥がれたりひび割れたりして見た目が悪くなるだけではありません。塗装が剥がれた部分やひび割れた部分から水分が侵入し、外壁材の内部でも凍害を引き起こします。

また、これは凍害が起こらない地域にも同じことがいえますが、水分が建物内部に侵入すると雨漏りを引き起こしたり、カビの発生や腐食の原因となってしまうのです。

この段階まで来ると、外壁塗装だけでは太刀打ち不可能。大規模な修繕工事が必要となってしまいます。

ダメージを受ける前に専門家に相談を

凍害によるダメージを受けないためには、外壁塗装の段階で凍害に強い塗料を選ぶことが重要です。とはいえ、塗料の種類は非常に多く、特性もそれぞれ違うので、素人の知識では凍害に強い外壁塗装の塗料を選ぶのは困難。そこで専門家に相談してみましょう。

仙台の外壁塗装業者であれば、凍害に関する知識もあり、見た目と機能性を重視した塗料を提案してくれることでしょう。

仙台・名取の優良外壁塗装会社4選をみる

仙台の頼りになる外壁塗装業者

外壁塗装の悪徳業者はこう見抜け

寒冷地に合った塗料の選び方とは?

外壁補修の豆知識

サイトマップ

Copyright (C)仙台市・名取市でお任せできる優良外壁塗装業者の見抜き方ガイド All Rights Reserved.