仙台市でおすすめできる外壁塗装業者方ガイド  » 外壁補修の豆知識 » 外壁塗装の時期はいつがよい?

外壁塗装の時期はいつがよい?

外壁塗装の時期について解説していきます。

外壁塗装のタイミング

外壁塗装はどういったタイミングで行うのがよいのでしょうか?

基本は「10年に1度」と考えよう

これは、外壁にどのような素材を使っているかにもよりますが、一般的な外壁素材であれば概ね「10年に1回程度」行うことを想定しておくとよいでしょう。

なお、外壁塗装を行うことで、主に以下の2つのメリットを得ることができます。

  1. 建物の美観を向上させる
  2. 建物の耐久性を維持する

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

1.建物の美観を向上させる

外壁は、24時間365日外気や紫外線にさらされています。そのため、年数が経つごとに色褪せしたり、カビやコケが生えたりして建物の美観が損なわれてしまいます。

2.建物の耐久性を維持する

また、年数が経つにつれて外壁にひび割れが生じたり、外壁と外壁の間の溝を埋める役割を果たすコーキング材が劣化したりしますが、これをそのまま放置していると、雨水がひび割れや溝から侵入し、建物の躯体を腐食させ、耐久性が劣化します。

そのため、定期的に外壁塗装を施し、建物の美観を新築時と同じようにすると共に、ひび割れの補修やコーキングの補填を行うことで、建物の耐久性維持につなげる必要があります。

外壁塗装の判断基準となる劣化のサイン

一方、単純に年数だけでなく、外壁塗装の状態を見て外壁塗装するかどうか判断することも大切です。

具体的には、以下の3つのサインを見分けられるようにしましょう。

  1. 外壁の色あせ
  2. チョーキング
  3. クラック

それぞれについて、詳しく解説していきます。

1.外壁の色あせ

まず、軽度な症状ではありますが、外壁に色あせが見られるようになったら外壁塗装を検討し始めるとよいでしょう。

外壁の色あせが進行すると美観が損なわれますし、色あせが起こっているということは塗膜の劣化が始まっているということでもあり、後にご説明するチョーキングや塗膜の膨れなどの前触れであると言うことができます。

2.チョーキング

次に、外壁を手で触れた時に手に白い粉がつく「チョーキング」が見られるようになったら注意が必要です。

チョーキングを放置しておくと外壁のひび割れ等に発展する可能性があります。

3.クラック

外壁のひび割れ(クラック)も外壁塗装の判断基準の1つとなります。

クラックの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと呼びますが、特に構造クラックがある場合には早急に対応する必要があります。

仙台のおすすめ外壁塗装会社4選をみる

仙台・名取の頼りになる外壁塗装業者

外壁塗装の悪徳業者はこう見抜け

寒冷地に合った塗料の選び方とは?

外壁補修の豆知識

サイトマップ

Copyright (C)仙台市・名取市でおすすめできる優良外壁塗装業者ガイド All Rights Reserved.